« きびしい。。。 | トップページ | りりちゃんが死んでしまいました。 »

2011年1月13日 (木)

午後の りりちゃん。

りりちゃんの午前中の状態を見て、「もう 何でも

してあげよう」と決心しました。イチゴの汁だけでも

りりちゃんのくちびるにつけてあげようと思って、

夕方 イチゴとネコ缶と鼻を拭くための濡れタオル

をもって、りりちゃんのところに行ってきました。

酸素室で向こうを向いたまま あいかわらず大きな

呼吸をしていました。

30分ぐらい見てたら起きだしてお水を飲み始めた

ので、「先生先生!お水を飲んでます!!」と

大騒ぎをしたら、きょうはお休みのはずの院長先生

がそばに来てくださって、「すごいですね!」って。

「イチゴ持ってきたのであげていいですか?」って

きいたら「いいですよ。」って言ってくださったので

イチゴの先っちょを少しつぶして果汁を出して、口元

に持っていったら少しだけペロペロなめてくれました。

病院が用意してあった 絶対食べそうにない大きな

カリカリのニオイもかきだし(何か食べたいんだ)と

思って、持って行ったペースト状のネコ缶を院長に

きいて「食べるならあげてみてください。」って言われ

たので、いつものように無理やり口の横から指で

押し入れたらアグアグ食べたので、院長先生が「じょ

うずですねぇ。スタッフじゃなかなか食べてくれません

から。」と褒めてくれたので、調子に乗って食べさせ

ていたら、りりちゃん 口の中を噛んだらしくて血が

出てきて大慌て。酸素室内の酸素も薄くなってきた

せいもあって、また呼吸困難になって苦しそうに

体の向きをかえて もがきはじめて、、、

お水とイチゴでやめておけばよかったものを、調子に

のってネコ缶まであげてしまったから、また開口呼吸

で苦しそうになってしまった。

「死んじゃう前に急に一瞬だけ元気になるアレです

かね?」って聞いてしまった。。。

先生は「大丈夫と思いますよ。」と言ってくださった。

お水を飲んで すごくうれしかったのに、また意識のな

い目になってしまった。  ごめんよ、りりちゃん。

   

病院が閉まる前に、もう一回様子を見に行った。

あんなことになっちゃったけど、また酸素を吸って

落ち着いたらお水を飲むんじゃないかと期待して。

で、夕方届いたホメオのレメディを2粒つぶして

お水の中に混ぜておこうという作戦。いつも食べ

てるカリカリと高栄養剤と またイチゴも持って。

鼻水を拭くためのお湯で湿らせた温かいガーゼも

持って。悔いのないようになんでもやろうと思った。

でも、病院へ行ったら意識がなくグッタリして開口

呼吸をしてて、ツタンカーメン先生が「ついさっきまで

酸素室から出して点滴をしてたら倒れてしまって

とても悪い状態です。」と言われた。

ほんと、大丈夫かな?と思った。酸素室を開けら

れないので高栄養剤は断念した。ホメオのアンチモタート

というレメディを「お水の中に入れてほしい」とお願い

した。先生は「レメディに関して知識がないのでいい

とか悪いとか言えない。」と言ったので「わたしの

責任でやってあげたいのでお願いします。」と言った

ら、「どのくらいのお水にいれましょう?」と器をもって

来てくれた。100ccぐらいのお水に2粒つぶしてきたの

を入れた。お水を飲んでくれるかわからないけど、

せっかくだからやってみる。

りりちゃんがひどい状態だったから、ずっとついてて

いたかったけど、時間が来てみなさん掃除し出した

ので「何かあったら電話してください。」とお願いして

帰ってきた。 あんな姿を見たら眠れない。

********************

|

« きびしい。。。 | トップページ | りりちゃんが死んでしまいました。 »

オッドアイ」カテゴリの記事

ネコ」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事