« マーちゃんと布団。 | トップページ | 2階のちろりん。 »

2009年9月11日 (金)

癌(がん)について。

親戚の人が癌で危篤だと連絡があった。

わたしは家で待機。   気分が重い。苦しいな。

日本人の死亡原因1位は癌。3人に1人が癌で亡く

なってるらしい。

イヌ・ネコさんの癌も多いんだね。「ネコの乳がん」

を検索して ここにきてくださる人がとても多い。

でも、当の本人(実家の猫・まゆこちゃん)は死んで

しまった。乳がんから肺転移、そして全身転移。

乳がんにもいろいろあるらしく、「極めて悪性度が

高い悪性」だった。

思い出すと泣けてくるので あまり書きたくない。

まゆこちゃんの兄弟のクマくんは現在「血管肉腫

(悪性)」。手術で額にできた腫瘍はとったものの、

体のどこに再発するかわからず 触ってもわから

ないところにできたら…怖いことに。

うちの獣医さんは「抗がん剤治療」はしなかった。

「犬には効くけどネコには効かない」と言っていた。

「他の癌なら効くけど乳がんは効かない」とも。

「苦しみが増える」と。。。   むずかしいんだな。

長くなるから、肝心なことをチャッチャと書かなきゃ。

**********

ド素人が勉強したことなので、正しくないかもしれな

いので興味のある方はご自分で納得のいくように調

べてください。(不親切で申し訳ありません。

              命がかかわることなので。)

**********

Neko_021

まず、癌細胞について。

癌細胞は 正常な細胞よりもはるかに速いスピード

で増殖してゆく性質がある。

良性な腫瘍は、分裂していっても お互いがひしめ

き合うと分裂をやめる。

癌細胞は、周りの状況におかまいなしに分裂を繰

り返し、分裂するのをやめない。

そして細胞と細胞の間のコラーゲンを溶かして潜り

込み、血管の中に入って癌細胞にとって居心地の

いい場所で新たに増殖を繰り返す。これが「転移」。

血管から遠くにある癌細胞は自分で血管を引き寄

せて酸素と栄養をとれるようにして ますます増殖

してゆく。聞けば聞くほど恐ろしい性質だ。

だったら、癌ができても大きくならなきゃいい。

転移しなきゃいい。

*****

で、抗がん剤の話。

「分子標的治療薬」と「血管新生阻害剤」について。

「分子標的治療薬」は、「増殖しろ」という命令をき

かないようにするもの。

「血管新生阻害剤」は癌細胞に新しく血管を作らせ

ないお薬。新しく血管ができなければそこから栄養

が取れないので癌は育たない。

「抗がん剤」を調べていたら、「チロシンキナーゼの

活性を阻害すれば 癌細胞の増殖も阻害できる」

とある。

「チロシンキナーゼ阻害剤」=「抗がん剤」。

「チロシンキナーゼ阻害剤」として いろいろ開発

され使われているけど、効く人効かない人、副作用

がひどいなど問題は多い。

で、去年 見つけた記事で「これだ!」って思った。

「チロシンキナーゼ阻害剤及び医薬組成物」

(ビョンて飛ぶワザ、忘れました。検索してください)

(でなきゃ、2008.9.17「がん転移をさえぎるモノ」で

   飛ぶと思います。お手数かけてすみません。)

読んでもよくわからないけど、上で書いたことを頭

において読むとシコニンがすごいものに思えた。

むずかしいことばっかりだけど、なんだか気になっ

た。これが、去年初めてシコニンというものを知っ

たきっかけ。

この記事から数年、確実に進歩してると思います。

先日も書いたようにシコニンの「抗腫瘍作用」など

調べると当たり前のように出てきます。

詳しいことは まだまだでしょうが、ほかの薬草など

も どんどん抗がん剤として研究実験されています。

癌が薬で普通に治るのも 近いかもしれません。

「癌が転移したら死を待つだけ」なんてできないもん。

ほんの少しの可能性でもあるのなら助けてあげたい。

この記事が あてはまるかどうかわからないけど。。。

「こんな記事があるよ。」ってこと、お知らせしたくて。

にほんブログ村 猫ブログ オッドアイへ

      闘病されてる人、ネコさん、飼い主さんが

      ずっと幸せでいられますように。

********************

|

« マーちゃんと布団。 | トップページ | 2階のちろりん。 »

シコニン」カテゴリの記事

ネコ」カテゴリの記事

ネコの乳がん」カテゴリの記事

ペット」カテゴリの記事